懐かしい触り心地と優しい書き味。「大人の鉛筆」購入レビュー

こんにちは、北村です。

先日あるブログで紹介されていたのを見かけて以来、ずっと欲しいと思っていた「大人の鉛筆」をついに購入しました。

開封してから実際に書くまでに何ステップも小さな感動があったので、使用感のレビューがちょっと遠くなりますがお付き合いいただけますと幸いです。

開封の儀

今回購入したのは「大人の鉛筆 彩  茜色 芯削りセット」です。黒と藍色もあってどれにしようか迷ったんですが、今回はあえての赤にしてみました。クラフト紙の素朴なパッケージに赤い軸が映えます。

矢も盾もたまらずバリバリと外装を開けると、ペンがおさまっていたクラフト紙部分が蛇腹になっていました。内側にはこの商品への思いが綴られています。こういう世界観を大事にする商品ってすごく僕の心のど真ん中をぶちぬいてくるんですよね…大好きです。

使用前の儀式

この「大人の鉛筆」は、鉛筆の芯をシャープペン方式でノックして繰り出していくんですが、シャープペンのように芯が細くないので専用の芯削りを使う必要があります。

この、削る感じがもうね、、、

「はぁ。。。」

とため息がでるほど幸せです。

道具を使うための「儀式」が僕は大好きで、

  • 万年筆のコンバーターにインクを吸入する
  • 機械式の時計のゼンマイを巻く
  • 革小物にオイルを塗る

みたいな儀式を通してその道具への愛着が深まっていくのがたまらなく好きなんです。芯を削ってて出る黒い粉が手についてちょっと手が汚れるのなんかもたまりません。

使用感

さて、30過ぎたおっさんがうっとり顔で芯削りの儀式を終えたところで、実際に持ったり書いたりした感想をお伝えします。

重さ:木の鉛筆より重いはずなのに気にならない

大人の鉛筆はあちこちに金属が使われているので、木だけでできている鉛筆より当然重いです。が、実際に使っていて「重いな」と感じることがありません。公式ページによれば、

木軸の両端に付けられた金具によって、「中心は軽く」「両端は重い」という絶妙なバランスを実現。さらに、わずかに重心を先端に近づけることで、長時間書き続けても疲れにくくなっています。
引用元:大人の鉛筆|書いて作って楽しい未来をクリエイト|北星鉛筆

ということですが、使ってみるとよくわかります。

また、木の鉛筆と重さはどのくらい違うのかな、と気になったので測ってみました。比較対象は10年以上前の僕の大学受験時に神戸の天神さんで買った「五角鉛筆」です。多少使って減っていたり、アルミのキャップも付いてたりで、逆に実用的な重さになっているかと思います。

計測結果は以下の通り。

大人の鉛筆 10.4g

五角鉛筆(アルミキャップ付き) 4.2g

なんと倍以上の開きがありました。絶妙にバランスされていて、まさか倍以上重いとは思いませんでした。

触り心地:懐かしい「鉛筆感」

鉛筆って、木がむき出しではなくて塗装されているものがほとんどだったと思いますが、この「大人の鉛筆」もそれと同様の質感になっており、持った感じが「あー鉛筆だー」って思います(語彙力…)。

また、鉛筆独特の香りもあり、文房具のにおいフェチな僕としてはとても満足です。

書き心地:とてもソフト

芯削りがあまりシャープに尖らせないようになっているのも一つの要因かもしれませんが、とても優しくて柔らかいかき心地です。思った以上に引っかかりがなく、「鉛筆ってもうちょっとカリカリしなかったっけ」という違和感はあります。が、別にカリカリ感を求めてるわけではなく、むしろぬるぬるさらさらした書き味が心地よいので全く問題ありません。

まとめ

北星鉛筆60周年記念で作られたこの「大人の鉛筆」、こんなに素敵で満足度高いのに500円前後で手に入ってしまうなんてコスパ高すぎる…とただただ感心しています。

ノート書くときは万年筆を使うことが多いですが、これからは折に触れてこの大人の鉛筆も愛でていこうと思います。

パソコンで作業をすることが多くなり、手書きの機会がめっきり減った今日ですが、たまには鉛筆とノートで自由な平面に文字や絵を書きなぐってみませんか?

それでは、明日も一歩踏み出していきましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください