借金、投資、ビジネス…お金のボードゲームでリッチな人生を体験してみた

こんにちは!やる気ハッカー 北村です。

先日、トリイくんのマーケティング実践大学の仲間と一緒に「マネーボードゲーム会」に参加してきました。

もともと桃鉄とかドカポンとか人生ゲームとか、アナログ・デジタル問わずボードゲーム好きなので、「みんなとワイワイ遊んでもっと仲良くなれたらいいな」くらいの軽い気持ちで参加したんですが、図らずもめちゃくちゃ学びが深いひとときを過ごすことができました。

マネーボードゲームの内容

UNADJUSTEDNONRAW thumb 57a0

このゲームは、モノポリーのように四角いマップをグルグルと回りながら、人生のリタイアメントを目指します。

2JPhwNkgQsu0+E7+FJ1+Fw thumb 57a1

案内役を務めていただく吉田さんに、ルールの説明をしていただきました。

リタイアメントをするためには、

  • Level1:働いてお金を稼ぐ
  • Level2:生活しつつ貯金
  • Level3:貯金を資産運用し増やす
  • Level4:月々の利益が生活費以上に

と言うステップを踏む必要があるとのこと。

そこでこのゲームでは

「1ヶ月の不労所得合計が1ヶ月の支出合計を上回ったらアガリ」

というルールになっています。

手持ちの資金を上手に使いながら、ビジネスへの投資・不動産投資・株/外貨/金などへの投資で資金を増やし、不労所得の金額を増やしていくわけですね。

UNADJUSTEDNONRAW thumb 579c

ちなみにゲームの中では自分の収入・支出・資産額を把握するために、損益計算書や貸借対照表を書きます。めっちゃ本格的…!!!

ゲームスタート

UNADJUSTEDNONRAW thumb 57ac

吉田さんから丁寧にルールの説明を受けましたが結構複雑で、聞いてるだけだと全然ルールが頭に入ってこないので、大枠を聞いたらあとは実践の中で適宜説明してもらうスタイルでのスタートです。

UNADJUSTEDNONRAW thumb 57a9

最初に職業決め。ぼくは「パイロット」となりました。月収96万円…!!税金20万円も引かれてるし、なんかよくわかりませんがやたらとローン組みまくってるので月々の支出もすごいですが、ローンとか生活費とか全部引いても月々の余裕資金31万円…とんでもない勝ち組です。

と思いきや

最初のターンで失業(支出合計分を支払わされた上、一回休み)し、

UNADJUSTEDNONRAW thumb 57bd

銀行から40万円ものお金を借りるハメに…1

隣でプレイしていた芽生さんは、序盤で「消費・浪費」マスに止まり、

CbGXNEteTkuIoTXI+ZRfqQ thumb 57c5

車持ってないのに10万円のカーナビを買いました(そしてその後借金がかさみ、月々の収入を支出が上回ってあっけなく破産しました)。

また、

UNADJUSTEDNONRAW thumb 57bf

トヨダ自動車の株が底値をつけ、「今や!」とみんなが大枚はたいた直後に

UNADJUSTEDNONRAW thumb 57d5

インサイダー事件が発生し、株の価値が0円になったり2

毎ターンいろんなことが起こってドッカンドッカン笑いが起こりました。

ちなみに、自分の経済状況が変わるたびに貸借対照表と損益計算書を書き換えないといけないので、書き換えと計算は必死でした。

UNADJUSTEDNONRAW thumb 57cd RMjvkPKSSp+cZUv 5FvWfw thumb 57e2

なんやかんやとトラブルに見舞われつつ、ドル建ての金価格が暴騰&1ドル50円→300円への驚異的な円安の勢いで一気に所持金を増やし、高額な投資案件をいくつも買って高給取りの僕が一抜けしました!!

RYQGSacfRK2EnIWDnpQozw thumb 5813

めいっぱいのドヤ顔

人生逃げ切る(=リタイアメント)ための必要事項を身をもって学んだ

さて、真面目モードに切り替えていきましょう。

振り返ってみると、このマネーボードゲームを通して、お金にまつわるいろんなことを感情の動きと共に体験できたと感じます。やはり本で読んだり話を聞いたりするだけでなく、その時どんな風に感じ・考えるかというのを身をもって学べるのがこのゲームの最大の魅力ではないでしょうか。

得られた学びについて具体的に挙げていきたいと思います。

リタイアメントに必要なのは多額のお金ではなく、収入を生む資産

このゲームでは、金や株式、外貨などへの投資は月々の不労所得にはつながらないというルールでした。これらは完全にキャピタルゲインによる所持金増やしの手段で、逆に言えば「いくらキャッシュ・株式・金を持っていても、不動産やビジネスなど継続的なインカムゲインを生む資産を持たないとリタイアはできない」ということです。3

これはかなりリアルというか、そのとおりだなあと感じるルールでした。たとえ宝くじが当たったとしてもそれだけじゃダメで、それをうまく継続収入につなげないと遠からず底をつく、ということですね。

リタイアメントに必要な収入は、望むライフスタイル次第

僕はこのゲーム内で高給取りのパイロットとなりました。元の収入は96万円と多いけど、支出も64万円と多く、不労所得≧支出合計となるにはかなり不労所得を積み上げないといけませんでした。

逆に「ショップ店員」だった芽生さんは、月々の余裕資金は5万円と非常に少ないけど支出合計も少なく、12万円くらい不労所得を作れればアガリという立場。望む生活スタイルによってリタイアに必要な収入も変わる、というのを体感できました。

投資は余裕資金で行うべき。不意の支出への備えとしてある程度の蓄えは必要

序盤で手持ちの現金を全部株に変えた直後に思わぬ出費が発生し、借金を背負うハメになった人もいました。これも実にリアルですよね。

よく聞かれる話ですが、「投資は余裕資金で行うべし」です。同時に「不意の出費や収入が途絶えた時に備えて、ある程度の預貯金は確保しておきましょう」とも言われますね。

特に起業している人などは、ビジネスモデル次第では「収入が途絶える」がリアルに発生し得るので、蓄えはなおさら重要ですよ。

勝ちが見えている場合、投資のための借金もアリ

これは少し攻めの話です。投資対効果の高い優良案件があるんだけど手持ちのお金が足りない…という時に、どうするか?

ある程度の期間で元本を完済できる見込みがあり、その投資によってインカムゲインを生む収入源が手に入るのなら、「攻めの借金」もありだというのを身をもって体験しました。実際、僕はこの「攻めの借金」の判断をしたことでゲーム内でのリタイアメントへ一歩近づくことができました。

コントロールできる範囲でリスクを取ることも時には重要、ということですね。ゲームの中だからこそ、判断を迫られた時に「攻め」の方に舵を切るという普段なかなかできない経験をすることができました。

終わりに

トイレも行かずに2時間半ぶっ続けでプレイしていたのですが、本当に時が経つのがあっという間でした。ものすごく楽しくて、でも後で振り返るとものすごい学びをいっぱい持って帰れました。

ネットで調べてもマネーボードゲームの情報が出てこないので、一般には情報公開されてないのかな…?

もしプレイしたいという方いらっしゃいましたら紹介させていただきますので、ご連絡くださいね!


  1. 銀行から借金すると年利120%というとんでもない条件を背負わされます。40万の借金に対し、利息だけで毎月4万円…つらい。 
  2. 僕はその時ちょうど借金を背負ってる身で、とてもじゃないけど株なんて買える状況じゃありませんでした。まあ「休むも相場」といいますからね…w 
  3. おさむさんが現金めちゃくちゃ持ってるのに、何回サイコロ振っても投資できるマスに止まれなくて苦しんでました。チャンスが自分に都合よく来てくれるとは限らないんですね… 

2 件のコメント

  • はじめまして
    楽しく記事を拝見させていただきました

    このボードゲームはどこにあるものなのでしょうか?

    とても面白そうで、興味を持ちました

    よろしくお願い申し上げます^ ^

    • 小林さん、コメントありがとうございます!
      こちらのボードゲームは市販されているものではなく、開催されるイベントに参加すればプレイできるもののようです。
      LINE@でイベントの情報も配信されているそうなので、こちらに登録してみるとよいかもしれません!
      (こちらのLINE@は私が運営するものではありません)

      https://line.me/R/ti/p/%40kwq4549g

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください