集中力を向上させ、記事を確実に生み出すブログ執筆術

こんにちは、北村です。

最近、ブログを更新するために早起きするようにしてるんですが、なぜか早起き生活を続けてもブログの記事数が一向に増えない…という奇妙な現象が発生していました。

今朝なんて特に顕著で、「今日はこのトピックで書くぞ!」ってとこまで決意してたのに書ききれなかったんです。1

なんでこんな効率悪いんだ!

と反省し自分の行動パターンを分析してみたところ、その元凶が見えてきました。きっと僕以外にも無意識に同じパターンにハマってる人がいるんじゃないかと思うので、シェアします。

情報発信において大切な「調べ物」

情報発信を目的としてブログを書いている場合、ただ独り言のように思いの丈をダダーッと綴って終わりではなく、

  • 自分の意見を裏付ける情報の引用
  • オススメする本や商品
  • 取り上げたいニュース
  • 自分があまり詳しくないけど紹介したいトピック

などのために、調べ物を伴うことってよくありますよね。2

調べ物をすること自体はとっても大切なんですが、「文章を書く」行為と「情報を調べる」行為への取り組み方がマズいと

  • ブログ記事をアップするまでにめちゃくちゃ時間がかかったり
  • なかなか記事アップそのものができなかったり

大変効率悪いことになってしまいます。

というわけで、「書く」行為と「調べる」行為のパターンについて分析してみます。

「書く」と「調べる」の関係3パターン

パターン1:調べながら書く

僕がこれまでやっていたのはこの順番です。何か引用元があったり、記事の正確性を書きながら担保していくために、調べながら書くというパターンでやっていました。

ただ、これめっちゃ効率悪いことに気づいたんですよね。書いてる手を止めてWebブラウザに移動して調べ物しようとしたら

  • 調べてる最中に違う情報が入ってきたり
  • SNSの通知が来たり
  • 全然関係ないことが突然頭に浮かんで、それを調べ始めたり

と、インターネットの情報の渦に飲まれて無駄な時間を過ごしてしまったり…そんな経験ないですか?冒頭でお話した「書くトピックまで決めてたのに書ききれなかった」ときもこのパターンでした。

「調べる」と「書く」を並行するのはおすすめしません。

パターン2:調べてから書く

「調べる」と「書く」を並行してはいけないなら、最初にぜんぶ材料を集めきってから書くってのはどうだ?と思って検討してみたんですが、結論から言うとこれもNGでした。理由は大きく3つあります。

  1. 「調べて」いる間、一文字も「書け」ないこと。
  2. 「材料を集めきった!調べるの終わり!」って判断するのが難しいこと。
  3. 調べ終わる前に違うトピック書きたくなったら、調べた分ロスする上「記事書いてない状態」が続いてしまうこと。
    • まだ一文字も書いてなかったら、撤退の判断するのにあまり抵抗ないですよね…

僕のように、「集中力に欠ける」「つい、今と違うことしたくなってしまう」という自覚のある人は、ノリでやってたらいつまでも同じところでグルグル回ってしまいます。前進するためには、集中できるように対策を打つ必要があるんです!!

パターン3:書いてから調べる

僕がたどりついた正解はこれです。

「調べる」と「書く」を分けた上で、先に「書く」をやってしまうパターン。

こうすれば、「調べる」に着手するときには、粗々でもとにかく「一旦最後まで書き終わった文章」という実績がある状態からスタートできます。あとはその文章の精度を上げていくだけ。

  • 「既に書き終わったものがある」状態から精度を上げる
  • 精度高い情報・材料がそろった状態で「これから書く」

どっちがハードル高いですか?僕は圧倒的に後者だと思います。

これから書くってなると「ああ…めんどい…」とため息つかずにはいられません。

「書けない」という状態に悩んでいるのなら、「とにかく書く」ことを意識してみてはいかがでしょう。書くことへのハードルを下げて、とにかく書く。細かいことは後回し。書けてないより全然いいです。

引用の文章とか、うろ覚えでダダーッと書いておいて、あとで正式な表記に修正すればいいんです。何か書きたいことがあるのなら、きっとあなたの頭の中に「確かこんなこと言ってたな」くらいの内容は残ってるはずですしね。

「記事を書く」行為に没頭するために

ここまでで「とにかく書く」ことの重要性を訴えてきました。

「よっしゃ分かった!書けばいいんだな!」

と思って勢い良くPCの前に座っていただけたらとてもうれしいです…が、あなたが僕と同じように「集中力に欠ける」「つい今と違うことをしたくなってしまう」人なのであれば、さらなる対策が必要です。3

「書く」行為に没頭するための作戦は次の3つ。

  1. ブラウザは終了させる。エディタだけ起動する。
    • 何ならPCのネットワーク自体切断してしまえば、とさえ思います
  2. スマホの通知とかも気づかないようにする
    • スマホをカバンに入れといたり。スマートウォッチも手首から外しましょう
  3. このルールを遵守するため、執筆中目に入るところに「戒め」を貼っておく。
    • PCのウインドウの縁とかに貼っとくと良いですね

ちなみに今この記事を書くにあたり、1と2を実践してますが、マジで集中力が段違いです。ノイズが全然入ってこない。

「◯◯さんがあなたの投稿に「いいね!」しました」とか、普段ならとっても嬉しい通知だけど、書いてる最中にそれ言われたら嬉しくてつい見に行っちゃうからね。そしてそのままFacebookのログを遡り始めるという…

そんなことにならないためにも、ぜひやってみてください。

まとめ

いかがでしたでしょうか。あなたがもし「なぜか書けない」ことに悩んでいるのなら、少しはお役に立つ内容も含まれていたかなと思います。

言葉にしてみれば当たり前のようなことでも、「当たり前のことを当たり前にやるのは難しい」んですよね。

あなたがこれからどんどんブログを更新するのを応援します!!!

それでは、明日も一歩踏み出していきましょう!


  1. 書こうとしてたのはこの記事ではありません。w 
  2. 日記つけるくらいの目的で気軽にブログ書く場合はその限りではありません。芸能人ブログみたいなのに影響されてブログ始めたらそんな感じになりそうですね。 
  3. 自分で書いてて「こんな根性無し存在するんかwww」と笑いたくなりますが、残念ながら「ちゃんと意識しないと本当に集中できない」という実績が全てを物語っています。もしかしたら僕が世界で一番集中力ない人間なのかもしれないという一抹の不安を抱きながら、それでも一部分くらいは誰かのヒントになるかなと思って書いてます。 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください