iPad mini用に買ったBluetoothキーボードが最高すぎた

こんにちは!やる気ハッカー 北村です。

のっけから読者置き去りのテンションですいません。久々にめちゃくちゃ良いガジェットに出会えました。

「いつでもどこでも快適ブログ環境」のiPad mini版を構築しようと思って軽い気持ちで買ったBluetoothキーボードが、本当に予想外に最高だったのでちょっと紹介させてください。

iPad miniのブログ執筆環境を作りたかった

書きたいことがないわけじゃないんだけど、なにかと言い訳をしてブログ更新の手が止まってしまうという「ブログ書けない病」を患っている僕。

あーブログ書けないわー!今めっちゃ書きたいことあるのにー!となる原因の一つが、「PCを持ち歩いてない時がある」という点でした。

ブログを快適に書く環境としてPCを利用していたのですが、「それ以外の環境ではブログを書けない」という呪いを自分にかけていたのです。 1

これじゃいかんということで、「いつでもどこでも快適ブログ環境」の構築プロジェクトを現在推進中です。

関連記事:「SLPRO X」をiPhoneに入れて、いつでもどこでも快適にブログ書こう | やる気ハック

電車で立っていて片手しか使えない時なんかはもうiPhoneを使う以外に選択肢がないわけですが、なるべくなら机に向かってキーボードで文章を書きたい。でもPCは重いしかさばるので持ち歩かないで済むに越したことはない。

ならば、今持っている(けどあまり有効活用できていない)iPad miniに、軽量で持ち運びやすいBluetoothキーボードを接続してやればよいのでは?ということで今回の検討に至りました。

iOS専用キーボード「Keys-To-Go」を採用

何事もこだわり派の僕は、最初はHappy Hakking Keyboard Professional BTを購入してやろうかと思っていました。サイズ感・重量ともにギリギリ持ち運びに耐えうるし、なによりかっこいいじゃないですか。僕はHHKBのあのミニマルな感じが大好きなんです。

ただ、お値段がぜんぜんミニマルじゃない。ぜんっぜんかわいくないお値段。

iPad+Bluetoothキーボードでブログ執筆、という運用自体がまだ試行段階なのに、いきなり3万円もの投資をするのはちょっとリスキーかなということでなんとか思いとどまりました。

さて、廉価なBluetoothキーボードの中でどれを選ぼうか…となったところで情報収集をしていたところ、とっても参考になるこちらのページを発見。

比較2017′ 打ちやすいbluetoothキーボード21製品のレビューとおすすめ(前編):スマホ・タブレット・PC向けのワイヤレス無線キーボードの比較: 家電批評モノマニア

13番目に紹介されている今回のキーボード。それぞれのキーボードがWindows用、Mac用、など用途別に★5段階で使い勝手を評価されている中で、なんとiPhone/iPad用で★7つ。メーター振り切れてます。

自分の判断基準として重要なのは、「薄くて軽い」こと、ただそれだけ。あとは上記レビュー記事を盲信しました。だって★7つですよ?買うしかないじゃないですか。お値段も手頃だし。

届いた。マジ最高。

2日待って届いた、Keys-To-Go。

IMG 5914

薄さやスペック面はだいたい認識していたので、まあ予想通りというか期待通りだったんですが、実際に届いて触ってみて意外だった点を挙げていきます。正直モノとしては褒めるところしかありません。

高級な印象を受ける質感

FullSizeRender 6

表面の質感がスエードっぽい感じです。キーボードでこの質感はちょっとめずらしいのではないでしょうか?

5000円くらいだし持ち運び用だし、プラスチック感満載のチープな感じを想像していたのでちょっと意外でした。

タイプ音は「パタパタパタ」という感じで結構静か。表面の独特なマット感も、指先への違和感はあまりなく普通に使えます。

iPad専用だけでなくMacのキーボードショートカットが使える

このキーボードには、ファンクションキーの位置にiOS専用のいろんなショートカットキーがあります。

  • ホームに戻る
  • アプリ履歴
  • 端末内検索
  • スクリーンショットを撮る

などなど。

それ以外にも、Macで使えるいろんなショートカットが使えました。

切り取りやコピペはもちろんのこと、

  • ⌘(Command)+[tab]でアプリの切り替え
  • Safariで⌘(Command)+[L]をすることでアドレスバーにフォーカス

なども可能で、「うわ!この操作もできるんか!やばいwww」と家で一人興奮しておりました。

存在を認識してなかった「スマホスタンド」が神

今回購入したキーボードには、スマートフォンスタンドが付属していました。

こんなやつ。

IMG 5924

説明書にも、「キーボードにくっつけてスマホを立てられるよ」みたいな絵が書いてあります。

Keyboard manual

ところが…

IMG 5921

iPad miniが立った…!!

なんと普通にiPad miniを立てられます。

さらにさらに…

IMG 5922

縦置きもOK。

キーボード使うためにわざわざセリアでタブレットスタンド買ってきたのにな…まさかこんな神アイテムがついてくるとは。

miniじゃないiPadとか12インチのiPad Proまで支えてくれるのかはわからないけど、iPad miniならこれで十分ですよ。

注意事項

ここまで推しに推したこのキーボードですが、注意点が2つあります。

注意点1:英語配列

このキーボードは「US配列」です。普段日本語キーボードを使っている場合、記号の位置などが若干違っているので戸惑うかもしれません。

注意点2:iOS専用

このキーボードは「iOS専用」です。Androidのタブレット等で使用することができるのかどうかは試していないのでわかりませんが、iOS用ショートカットキーやcmdキー、optionキーは正しく動作しない可能性があります。

まとめ

というわけで、今回はiPadの外付けキーボードとして、Logicoolの「Keys-To-Go」を激推しいたしました。

最後に書いた注意事項を踏まえた上で欲しいと思われた方は、損はない選択だと思います。

ちなみに僕は今回このキーボードではじめてUS配列のキーボードを使いましたが、「なるほど、ホームポジションからEnterが近いとはこのことか」と思いました。右手がEnterを打ちに行く際の右手の回転が少ないですね。意識してみると地味に快適かもしれません。

さてさて、これでiPhoneのブログ執筆環境とiPadの文章作成環境が整いました。どんどん「ブログ書けない病」の言い訳を潰しております…!同じ病を患っているあなたが、病を克服する助けになりましたら幸いです。

さあ、明日も一歩踏み出していきましょう!!


  1. 「ブログを書けない」と「呪いをかける」を「掛ける」、などという行動な表現をやってるわけではありません。 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください